スポンサードリンク

オナベとオカマ

オカマって?


オカマとは、男性同性愛者の一部や異性装をする男性、あるいは女性を装う男性を指して言われる言葉です。

Female to Male(男性から女性への性同一性障害者)のトランスジェンダーがオカマを自称したり、男性同性愛者の一部が侮蔑的なニュアンスを逆手に取って、自称として「オカマ」を用いることがあるようです。

ただし同性愛者でない者やトランスジェンダー当事者でない者が他称として「オカマ」という表現を使用する場合、差別的に解釈され問題になることがあります。

オナベとオカマ

オナベって?


職業上、男装して男性のように振る舞う女性や、女性同性愛者のうち男性的な出で立ちで男性的に振る舞う人、女性から男性へ性転換した人に対する呼称です。

職業として割り切っている人もいますが、中にはFemale to Male(女性から男性への性同一性障害者)も含まれます。

女装したり女性の様に振る舞う男性を指すオカマからの連想により生まれた対義語で、共にやや侮蔑的なニュアンスを含む時もあるようです。

オナベとオカマ

ニューハーフとは?


ニューハーフとは、産まれた時には男性であったものの、現在は女性的な外見を持っている人で、特にテレビや酒場、ショーパブ、風俗店などで活動をする人の俗称です。

ニューハーフは職業上の類型的概念でありますが、世間での認識的概念では精神的だけではなく身体的にも女性化を望む、もしくは性転換手術をした人物を呼ぶ総称です。

近年では身体の線の華奢な人が多く、見た目はほとんど女性、中には女性よりも女性らしい人もいるので驚きます。

性転換手術を終えた人の多くはニューハーフ専門の店を辞め、普通のホステスになったり、あるいは水商売以外の普通の職業に転じたりします。

これは本人達が女性として普通に暮らしたいと願うことによるものです。

オナベとオカマ

性同一性障害って?


世の中の多くの人達は自己の精神の性別と身体、及び社会的な性別が食い違うといったことはありません。

しかし、最近よく聞かれるようになった性同一性障害という言葉。

性同一性障害とは、自分が身体的、社会的にどちらの性別であるかを認識していながら、精神的には自分自身の身体的、社会的な性別に違和感を抱き、または反対の性別に属していると感じ、それにより強い精神的な葛藤を覚えて、身体的及び社会的な性別や性役割を精神の性に合わせようとする、精神の性別と生まれ育てられてきた性別との間に生ずる適応の障害のことです。

オナベとオカマ

おネエブーム


おネエとは一般的に「オカマ」と認知されている人物、女言葉を話す人物の事をいいます。

その中にはファッションやメイクのカリスマと呼ばれる人物が多く存在します。バラエティ番組で取り上げられるようになりその存在が注目されるようになりました。

また、2008年度流行語大賞には「おネエマン」という言葉がノミネートされるなど、近年ブームとなっている「おネエ系タレント」の地位を不動のものとすることになりました。

  1 2  次の5件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。